ブログ|世田谷区で動物病院をお探しの方は桜新町動物病院まで

 
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:水曜日

tel.03-6413-9982
fax.03-6413-9983

〒154-0014
東京都世田谷区新町2-15-10

  • 電話
  • メニュー

2017年5月26日

今日はミシン糸の誤食により、腸閉塞になってしまった猫ちゃんを紹介します。

症例はまだ10ヶ月齢の子猫です。朝から15回位嘔吐しているとのことで来院されました。

単純レントゲン検査、血液検査では大きな異常は認められず、経過をみるため点滴をしながらの入院管理を行いました。

しかし、翌日また嘔吐したため、異物を疑いバリウム検査を実施しました。

バリウム検査のレントゲン写真がこちらです。

通常は食道から胃に入ったバリウムは時間の経過とともに小腸、大腸へと流れていきますが2時間経過しても全く流れませんでした。これは腸閉塞の所見です。また、食道の部分に一直線のバリウムが残っています。食道は通常はバリウムが停滞しないのでこれだけでも異常所見になります。

飼い主さんと相談の結果、消化管内異物を疑い、開腹手術を行いました。開腹したところ、小腸領域すべてが変色し腸がよれよれの状態でした。これはひも状の異物の所見に類似しているため、小腸を切開したところ、細い糸が見つかりました。糸は舌根部から、食道、胃、小腸、盲腸の部分まで一本のままつながり、腸閉塞を起こしていたことがわかりました。胃を1か所、小腸を4か所切開する大変な手術でしたが麻酔からの覚醒もよく翌日にはかなり元気が戻りました。

この子は約1週間入院し、無事に退院していきました。

異物の誤食は比較的若齢の動物に多く見られます。噛んで遊んでいるうちに間違って飲み込んでしまうことがあるようです。飲み込めるサイズのもので遊んでいる場合は注意してみることが大切です。誤食癖がある場合はペットのそばに置かないように工夫することも大切です。皆さんもペットの異物の誤食にはお気を付けください。

桜新町動物病院  佐藤

 

2017年5月7日

桜新町動物病院では一緒に働いてくれる動物看護師、動物看護師兼トリマーさんを募集しています。

経験者の方は優遇いたします。

未経験者の方も丁寧に指導いたしますので安心してご応募ください。

給料 経験者180000円~

交通費 10000円まで支給

休暇 週休2日制 有給休暇年10日~

 

2017年4月25日

桜新町動物病院院長の佐藤です。

3月7日に開院してもうすぐ2か月がたとうとしています。

開院当初からご来院いただいた患者様には感謝しております。

さて、最近は気候もよくなり、やっと春を実感できるようになってきましたね。

桜新町動物病院では春のフィラリア、ノミダニ予防キャンペーンを実施しています。

フィラリア、ノミダニは春のうちにしっかり予防していきましょう。

 

 

2017年3月10日

桜新町動物病院は、3/7(火)に世田谷区新町にて新規開院いたしました。
動物たちのことでお困りごとがございましたら、どうぞお気軽にお越しください。

1 2 3 4